ReaD?!な歯の世界

D業界(歯科業界)のリアルな実態についてゆるーく発信していくブログです

歯科衛生士のいいところは?

新卒として、歯科衛生士の子たちも働き始めた頃ではないでしょうか?中には早くも「この歯科医院やめたい」なんて考えている方も?

もしも「歯科衛生士やめたい」だなんて思い始めた方は、もう一度この職業の「いいところ」に目を向けてみてください。

 

 

 

患者さんに頼りにされる

 

f:id:cocohana0804:20171024002053j:plain


まだまだ新卒で臨床に出て間もないと、担当の患者さんはできていないかもしれませんね。ですが、数ヶ月経てば自分を指名してくれる患者さんがきっとでてきます。

 

「あの歯科衛生士さんじゃなきゃ嫌だ」

「あなたがクリーニングしてくれると痛くない」

 

患者さんからのお褒めの言葉をもらう時、「あぁこの職業やってよかったな」と思います。

 

本当に仲良くなった患者さんからは、たまにお菓子の差し入れ等ももらえたり、予約の日でなくても会いに来てくれる方もいました(女性の患者さんで)

 

実際に働いていた時、とても嬉しかったです。

働いてて「感謝される」ってとても嬉しいし、やりがいを感じる瞬間でもあります。

 

歯科医師に頼りにされる

f:id:cocohana0804:20171022021618j:plain

私の働いていた歯科医院はホントーーーにクセの強い歯科医師ばかりでした。

「クセ強いもの選手権」やったら上位確実に取れるツワモノばかりw

 

そんな歯科医師のアシストなんて、歯科助手さんや歯科衛生士は嫌がります。

 

だってマジ面倒だから〜!!

 

そんなクセ強めの歯科医師から専属アシスト任命されたら、まぁぶっちゃけ嫌だけど、嬉しいものです。歯科医師が言葉を発する前に次の一手を読んで器具や薬剤を用意できればこっちのものですw

 

いかに言葉を発させないかにかけてアシストしていました。私の中で、「サイレントゲーム」となずけてアシストについていました。一言でも歯科医師が発したら負けw(「あれ取って」とか「◯◯用意して」とかね。)

 

治療の流れが本当にわかるようになると、とても楽しいです。

 

それと同時に「え。。。今まで実習でやった内容や教科書にあった内容と全く違うじゃん」ともなりますが。どうしてその手順で行うのか、どうしてこの器具や薬剤を使用するのか、歯科医師にその真意を確認して納得できると、自分の経験値が上がります。

 

中には、「だって面倒じゃんw」なんて回答をする歯科医師もいますので、そういう考えには染まらないようにしましょうw

 

(あえてこちらが毎回アシストの度に用意していると、歯科医師もイヤイヤ?!使ってくれるようになることもありますので)

歯科衛生士資格は一生もの

f:id:cocohana0804:20171030011626j:plain

まだまだ歯科衛生士=歯科医師のお手伝いだと思われがちな職業ではありますが、歯科衛生士は立派な「国家資格」です。

 

私も歯科衛生士として臨床では働いていませんが、資格を活かして歯科医療ライターとして在宅で、子育てや家事を完璧に(笑)こなしながらお仕事をいただいています。

 

(余談ですが…通勤時間もなく、仕事の時間に追われることもないため、気持ちにゆとりを持ちながら家族に接することができています。

 

「専業主婦」として社会から取り残されている感を感じてしまう主婦の方もいるなか、在宅ではありますが、クライアントさまとやりとりさせて頂いたり、自分の記事で歯科医院さまサイトPVがアップ、自分のライティング記事が検索上位表示されている等結果も見えるため、やりがいも感じられます。)

 

歯科衛生士として働ける場所は、何も一般歯科医院だけではありません。

 

歯科衛生士の資格を取っておいてよかったなと思えるようになるのは、どちらかというと子供を出産してから思うようになりました。

 

私の同期も、今は企業で働いている人、大学や専門学校で教師をしている人、区役所で勤務している人等いろんなところで資格を利用して働いています。(中には起業している人や歯学科に転入している人もいます)

 

あれ?この最後のは、歯科医院やめちゃってもいいんだヨ!って言ってそうに聞こえますが、、、、w

 

今は働き始めでつらい、思ってたのと違う、いろいろ覚えることも多いし実習との違いに悩んでいる方もいるかもしれませんが、それを抜けると楽しい部分ややりがいも見えてきますよ!

 

新卒で働いている方々、がんばってね!

 

めぇこより❤️